アプリを購入、ダウンロード

 

アプリをダウンロードすると今までと違った新しいことが出来るようになります。買ってきたばかりのiPhoneだとメールとかブラウザ程度しか使えませんがアプリをダウンロードすることによってどんどん新しく出来る事が増えていきます。

 

iPhoneを買ってきた時、iPhoneはどういう状態でしょう?なにも設定されてない?それともお店の人がある程度やってくれた?

なにも設定されてない場合は自分でアクティベーション(認証作業)からやることになると思いますがその過程でAppleID(メールアドレス)を決めるようになると思います。決めた方はそのまま購入出来ますがスキップした方(スキップできたっけ?)はAppleIDを設定しておかないとアプリがダウンロード出来ません。

 

スキップした方の中にはカードなんか持ってない(学生さんとか)から後でいいやという人もいるでしょう。別にカードなくてもAppleIDは作れます。カード無しでAppleIDを作りたい人はむしろスキップして正解かも。

 

カード無しでのAppleIDの作り方

まずは「AppStore」という青いアイコンのアプリを開きましょう。

 

 

無料のアプリならどれでもいいんですけどどれかを選んでインストールしようとします。

 

 

 

まだAppStoreにサインインしてない状態なので新規でIDを作るか持っているAppleIDを使うか聞かれますので新規作成を。

 

 

 

必要事項を入力していくとカードを選択するところで「なし」が選択出来ますのでなしを選べばOKです。

 

 

もしカードを登録してある場合はiPhoneからでもPCのiTunesからでも「なし」に変更できます。万が一アカウントが乗っ取られた場合「なし」にしておくと安心です。

 

 

サイト内検索
Web検索