バックアップ

ガラケー時代にはなかった概念、バックアップ。iPhoneではバックアップをとっておけば機種変更したり壊れて交換対応してもらったりしても簡単に元の状態に戻せます。

 

方法は2つ

 

iCloudでのバックアップ

iTunesに繋いでバックアップ

 

まずはiCloudでのバックアップ方法

 

 

設定/iCloudを開いてiCloudにサインインしてることを確認してしたの方に移動。

 

 

 

 

 

「ストレージとバックアップ」をタップ

 

 

 

 

 

iCloudバックアップをオンに。「今すぐバックアップを作成」ですぐにiCloudへのバックアップが作成されます。それ以降は充電中でかつWi-Fiに接続されてて前回のバックアップから1日程度空くと自動でバックアップしてくれます。

 

iCloudのバックアップ領域は初期状態でアプリを除いて5GB。それを越えるようなメッセージが出たら「ストレージを管理」からバックアップをとるアプリを選択してみてください。

 

iCloudのバックアップはiTunesのバックアップと比較して完全ではないので完全を求めるならiTunesへのバックアップをオススメします。

 

 

iTunesでのバックアップ方法

PCとiPhoneをケーブルで繋いでiTunesを起動します。

 

1.「〇〇のiPhone」をクリック

2.「概要」を選択

3.暗号化はしなくてもいいですがしておくとWi-Fiなどのパスワードもバックアップしてくれて復元の時に完璧な状態で戻してくれます。

4.「今すぐバックアップ」でバックアップを作成します。

 

 

青色の5と6は

5.iOSをPCにダウンロードしなおして再インストールします。iPhoneは買ってきた時の状態に戻ります。

 

6.こちらはバックアップから復元します。機種変更したり故障で交換してもらったりした場合はこれで元に戻ります。

 

 

 

このiTunesでのバックアップですが本当はWi-Fi経由でもできます。しかしわが家の環境では出来たり出来なかったり・・・出来ないほうが多いです。

 

本来は前回のバックアップから一定時間経過してて(1日程度?)iPhoneがWi-Fiに接続されてて充電中であること。それとiTunesが起動してれば自動的にバックアップをとってくれます。

 

iCloudからの復元は完全ではないのでiTunesでのバックアップ/復元をオススメします。iCloudの方は緊急用というか万が一iTunesのバックアップファイルが破損して戻せない場合とかと考えるといいかもしれないです。

 

 

サイト内検索
Web検索