充電について

昔の携帯はバッテリーゼロになる前に充電するとメモリ効果というのが起きて持ちが悪くなりましたね。iPhoneはどうなのか?

 

Appleの公式見解ではこうなってます

 

正しく整備されたiPhoneのバッテリーは、フル充電/放電サイクルを500回繰り返すと、完全に充電しても元の容量の80%までしか充電できなくなります。必要な容量まで充電できなくなった場合は、新しいバッテリーに交換してください。

 

この「充電/放電サイク」をよく誤解されてる方がいますがバッテリーの残りが30%で充電したとします。100%になったのでこれで1回カウントされたんだよね、は間違いです。

正解はカウント0.7回ですよ。

次の回に残り70%から100%まで充電しました。

 

ここで「充電/放電サイク」が1となります。

 


1日10%づつ10回充電したら・・・カウントは1です。

0%から100%まで充電したら・・・これもカウント1です。

 

そうは言ってもやはりゼロになるまで使ってから充電したほうがいいのか?

30%くらいで充電して80%くらいで充電やめるようにするのが一番持つ。

一ヶ月に一回はバッテリー残をゼロにした方がいい

 

中には都市伝説みたいなのもありますが「できたら」一ヶ月に一回はゼロにするはやったほうがいいみたいです。できたらですよ。出来なきゃいいんです。そんな細かいこと気にするようには設計されてません。

 

以前ジーニアスバーの人が言ってましたがたいがい1年で体感的にバッテリーの持ちは悪くなるそうです。

 

バッテリーが明らかに持ちが悪くなった場合

iPhoneはAndroidやガラケーのように裏蓋外して電池交換はできません。ジーニアスバーなどに交換依頼することになります。料金ですが保証期間内はタダ。過ぎてると7800円です。保証期間はAppleCare+未加入なら1年。加入してれば2年となります。

 

サイト内検索
Web検索