iMessage/SMS

ちょっとしたやりとり「これから家を出るよ」とか「ちょっと遅れる」なんて時はわざわざメールで送るというのは今はあまりしないと思います。

そういった時はiMessageとかSMSと言った機能を使います。

 

 

 

緑色のアイコンで「メッセージ」というアプリで両方の機能が使えます。

 

設定の前に違いを見てみましょう。

 

SMS/相手の電話番号に文字列を送れます。文字数制限があります。電話番号宛に送るので電話番号を持たないiPadとかiPod touchなどには送信できない。他社の端末への送信(auからSoftBankなど)は一通3円程度かかる。写真などは送れない。

 

iMessage/Appleが開発したメッセージサービス。iOS搭載端末ならキャリア問わず送受信可能。写真、動画も送信可能。通常パケット定額に入ってるのでパケット定額に含まれるので余計な料金はかからない。Wi-Fiでも送受信可能。ただしiOS

非搭載端末、Androidとかガラケーには送信できない。

 

ちなみに・・・

LINE/親会社は韓国の日本法人の会社が作ったコミュニケーションツール。全てパケット回線を使うので余計なお金はかからない上にLINEがインストールされていればiPhoneだろうがAndroidだろうが無料でやりとり出来る。見た目が面白い「スタンプ」と呼ばれるものが特徴。LINE間での無料音声通話も可能。

 

他にもMMSという機能がありますがあまり使わないし今後廃れ滅び行く規格だと思うので割愛します。

 

iPhoneの場合、iMessageが使えればそちらを優先して使えない端末への送信の場合はSMSでの送信と自動で判定してくれるので設定さえ済ませば特に気にして使うことはありません。

 

設定方法

Apple公式 iMessageサイト

ここ以上に分かりやすく書く自信がないのでこちらを参考に設定してください。

 

自分の入力した吹き出しが青ならiMessage、緑ならSMSとなります。

サイト内検索
Web検索