Apple製 マップ

 

今まで標準であったGoogleマップからAppleが自社開発(元々は地図メーカーを買収)したマップにiOS6から変更になりました。正式リリース前から地図上の情報が少なくてこのままだとやばくない?いやリリース時には改善されてるだろう、と言われてましたがリリースされたものはかなり寂しい状態の地図です。

 

ただApple製だけあってSiriと連動してナビさせることが出来、この機能にはかなり力が入ってると思います。でもね、このスクショに「都道府県道」と書いてありますがSiriが読み上げると「とみちふけんみち」となります。

 

噂ではこのあたりは中国人技術者にやらせててこうなってしまったらしいです。

 

検索に関しては住所なんか入れると完璧にでます。皇居、スカイツリー、ラーメン、寿司、コンビニとかでも大丈夫。

 

このマップの特徴ですが表示が早い。リルートも早い。一度表示された地図はどの程度までかはわからないですがキャッシュされてる。

 

主要都市、日本では東京などでは3Dの立体表示もできます。

 

アメリカでは航空写真も3Dになります。まあ、これも非難の1つになるんですけど。所々ホラーになってます。

 

日本ではまだ対応してない渋滞情報も近いうちに機能し始めるのではないかと思います。ボタンはありますからね。

 

 

 

日本でもここまで表示されるのかなぁ

 

詳細な情報も見れるんですね。

 

ナビ機能ですがSiriで「自宅までナビして」と言えばナビがスタートします。電池節約したければスリープにしておけば曲がる前になると画面表示と音声案内がでます。暫く直線になるとまた勝手にスリープに入ります。

 

このナビ機能も完璧とは言えないです。Siriから「千代田区丸の内1-1-1までナビ」といっても数字部分の認識がうまくいかなくてカタカナになったりしてうまくいきません。曲がる場所の音声案内のタイミングがもうちょっと調整してほしかったりSiriから「一般道で~までナビ」と一般道を指定できなかったり。

 

地図データとか音声認識が全て咬み合ってくるとiPhoneではナビアプリを有料で買ったりしなくてもよくなるかもしれませんね。

 

まだ出来たばかりのアプリなのでGoogleマップと比較するのは可哀想ですが大化けする可能性は十二分にあります。今後が楽しみです。

サイト内検索
Web検索