Dropbox 動画や写真はクラウドに保管

Dropbox(どろっぷぼっくす)とは写真やエクセルデータとか動画とかをオンラインストレージ上に置いてそれをiPhoneやiPad、PCなどからデータを共有して見たりダウンロードしたり出来るようになるものです。

 

オンラインストレージとはどこかの会社で用意したサーバの一部分を自由に使わせてもらえるサービスといえばいいかな。この場合「Dropbox」が用意したサーバを使います。なので登録が必要なんですね。iCloudはAppleが用意したサーバの一部を使わせてもらってる、そんなイメージです。

登録から設定

 

アプリをダウンロードして起動するとこんな画面になると思います。既にPCの方などでアカウントを持ってたら「ログイン」そうでなければ新規作成になるので画面を左にスワイプして登録画面を出しましょう。

 

名前は本名でなくていいでしょう。メルアドはいつも使ってるものがいいかな。その辺はお好きにどうぞ。

パスワードは忘れないように。

「カメラアップロードをオン」

iPhone内の写真が転送され始めます。

カメラアップロードをオンにしても多分デフォルトではバックグラウンドと携帯ネットワークはオフになってると思います。そのままだとアップロードしたいときにWi-Fiに繋がってる状態でDropboxを起動しないとアップロードが開始されません。それでもいいでしょうけどお好みで設定から変更しておきましょう。

 

PCの方の設定

iPhone、iPadはここまでのやり方で大丈夫だと思います。次にPCでも共有出来るようにしたい・・・やりましょう。

 

まずDropbox公式にアクセス

ヘルプ、プライバシー、点3つと並んでる点3つをクリックするとこのようにメニューが出ます。そこからPC用のDropboxのソフトをダウンロード&インストールします。インストールしたらログインですね。

PCのタスクバー(画面右下)に赤い丸の部分、それがDropboxが常駐してる状態です。

Dropboxのマークの上でダブルクリックをするとフォルダが開きます。そのフォルダに画像とか動画を入れればiPhoneからも見れます。

右クリックで歯車マーククリック、基本設定で転送速度の変更が出来ます。

 

数字は適当に入れただけなので気にしないでください。通常は「制限しない」でいいと思います。

ただ、自分の環境下では動画の転送に異様に時間がかかります。どう設定してもね。

その代わりiPhoneから動画ファイルを指定してアップロードすると速いんですけど。なんでだろう?

 

あとは容量についてですが無料でもある程度まで増やすことが出来ます。先ほどのDropbox公式ページの上の方に「無料で容量アップ」というのがあります。ミッションみたいになっていて増やすことが出来ます。

以前は大幅に増えるのがありましたが今はないかも。

 

Dropboxの使い道はアイデア次第でPCの重要ファイルの保管場所にしたりする使い方もできますね。

 

無料でも十分使い道のあるサービスなので是非利用してみましょう。

Clip to Evernote follow us in feedly
サイト内検索
Web検索