AirVideo

PCの中にある動画ファイルをiPhoneに入れてなくてもwifiもしくは3G回線で見てしまおうというアプリです。

たとえiPhoneに対応してない動画形式のファイルでも変換しながら見たり変換だけも出来ます。その出来たファイルはiTunesにムービーとして登録出来たりもしてそうするとiPhoneを同期したときにiPhoneに変換したファイルを入れてくれます。これがあると動画変換用のソフトって要らなくなりますよね。

 

まずはAirVideoのホームページからPC/Macに入れるソフトをダウンロードしてきてインストール。自分のPCをサーバのように扱うため必要なようです。ホームページは右下の所を日本語に選択すれば安心かも。

PCにインストールしたソフトの設定画面に「This server PIN」というのがありますがこれは3G回線でアクセスするのに必要なものなのでメモするなりしておきましょう。

ここからPC内のどのフォルダに動画ファイルがあるのか指定します。指定したフォルダの中の動画が見れるようになるわけです。

 

iPhone側のAirVideoを起動して今設定したPCを見えるようにしましょう。一番上の左の「+」をタップするとwifiで接続してる環境なら設定したPCが見えると思います。

それを選択。

 

するとこのように指定したフォルダ内の動画一覧が見えます。

iPhoneに対応した形式ならば「Play」がでてるかと思いますが対応してない動画形式の場合は「Play with Live Conversion」を選択すると変換しつつ視聴出来ます。

 

「Convert」は変換のみ。いくつか変換するときはこれを選択して戻って変換したいのを同じようにしていけば順番に変換してくれます。

 

一番下がiTunesに登録です。

肝心の変換した動画はキレイなの?という問題ですが問題ありません。このアプリは無料版もあるので興味を持った方はまず無料版をお試し下さい。

 

接続方法は同じはずなので試してみれば簡単にPCと接続できるか、またはポート開放とかしないとダメなのかとかわかると思いますので。

 

3Gでの視聴はパケ規制に引っかかるという噂もあったのであまり試していません。接続はiPhoneでアプリを起動してサーバを追加する画面で先程のPINコードを入れるだけです。

 

無料版はこちら

 

有料版はこちら(350円)

 

サイト内検索
Web検索